ライフスタイル

彼女がストーカー被害に!?対処はどうすればいいの?

どうもリョウ(@RYO_isheep)です!!

タイトルの通り、遠距離恋愛中の彼女がストーカー被害にあっていました。

実害が起こる前に鎮静化しましたが、いつなにが起こるか分からない状況でした。

今は北海道から東京に戻り、落ち着きを取り戻しつつあります。

ひと段落した状態なので、ストーカー被害にあったらどんな対処をすれば良いのかをまとめていきます。

ストーカーとは?

ストーカー規制法では、次のように規定されています。

同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うこと

では、具体的に「つきまとい等」とはなんでしょうか。

特定の者に対する恋愛感情その他の好意感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、その特定の者又はその家族などに対して行為を「つきまとい等」と規定しています。

具体的な行為としては、次のような行為です。

ア つきまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつき イ 監視していると告げる行為 ウ 面会や交際の要求 エ 乱暴な言動 オ 無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNS等 カ 汚物などの送付 キ 名誉を傷つける ク 性的しゅう恥心の侵害

つまり、上記のつきまとい行為を繰り返した場合「ストーカー行為」となるようですね。

ストーカーにあったらどう対処すればいい?

ストーカーにあわないようにするのがベストですが、残念ながら防ぐことは難しいと思います。

結果論として「連絡先を教えなかったら」と思いますが、そんなことは不可能です。

予見できませんからね。

では、実際に彼女がストーカーにあってしまい、その経験から解決するのに有効だったことをまとめます。

警察に相談!

まず、警察に相談してください!

以前は「警察は事件が起こる前に動いてくれない」と言われていました。

ですが、今はかなり積極的に動いてくれます。女性の社会進出と活躍の推進を進めるうえで、ストーカー事件が問題になっており、女性推進の一環として取り組まれています。

私の彼女の場合でも、被害届を出す事で積極的に動いて貰えました。

被害届を出すのに、抵抗がある人でも大丈夫です。被害届を出さなくても、防犯やストーカーについて、様々なアドバイスを受けることができます。

状況に応じて、被害届を出しなさいと強く勧めることもあるそうです。

警察は、客観的に判断でき、かつ関与している事件の数が多いので、広い知見を持っています。

とても頼りになる存在です。

警察はどんな対応をしてくれるのか?

悪質であり加害者が危険人物だと判断されて、被害届けを出すように勧められました。

被害届けを出した結果、次のような対応をしていただきました。

  • 110番緊急通報登録システムへの登録
  • 加害者への注意勧告
  • 自宅周辺の見回り強化

自身で防犯の意識を持っていても、万が一のことが起こるかも知れません。

ですので、いざという時に大事に至らない可能性が高くなると少しは気持ちが楽になりますね。

特に、110番緊急通報登録システムは有効です。

110番緊急通報登録システムとは、ストーカーやDVの被害者が事前に登録しておくことで、110番に繋げるだけで警察への出動要請が可能になります。

登録する内容としては、住所、氏名および年齢、自宅または避難先や携帯の電話番号、被害内容(ストーカー被害かDV被害か)を登録します。

登録しておくことで、通報したときに名乗ることができない状況でも警察の通信司令室のモニターに、自宅地図や氏名、ストーカー被害者ならST、DV被害者ならDVという表示が出るようになります。

また、携帯電話の場合はGPSで現在地が特定できるので、ただちに現場に急行することができます。

一旦沈静化したように見えても、再発する可能性が高いのもストーカーの特徴だそうです。

継続して、警戒に当たっていただけるのは、今後の生活も安心になりますね。

生活安全課から月一の定期連絡もあります。

不安に思うことや気になることがあれば、この時に相談できます。

証拠は必ず残す!

執ようなラインや電話を受けて、かなりの恐怖を感じるかと思います。

一刻も早く記憶から消し去りたいと思っていますよね。

ですが、トーク画面や着信履歴は消さずに必ず保存してください。

スクショを撮るのも有効です。

先ほども書きましたが、まず警察に相談してください。

事実、証拠となるものを残しておくように言われます。警察でもある程度証拠がなければ動けないのです。

警察としても、証拠として残しておいてもらえると迅速に対応できるのです。それに、被害届の内容も正確になり、正しく状況を伝えることに。

ですが、相手がよくわからず困ることもあると思います。そこで、探偵を利用してみるのも有効です。

原一探偵事務所は相談無料で受け付けています。少しでも気になったら電話で相談してみてください。

ストーカー

ストーカーは身近な犯罪です!

彼女が東京に戻ってきた際、信頼できる友人たちにストーカー被害にあっていたことを話したとのこと。

そしたら、なんとその友人もストーカー被害にあっていたそう!

非常に驚きました。

1人は現在進行形で悩んでいます。

近しい人物が突如としてストーカーへ変貌してしまうことがよくあります。

実際に、私の彼女、その友人は、職場関係だったり過去にお付き合いしていた人から被害にあっています。

被害としては、LINEでの暴言やおしかけ、SNSで偽アカウント、知人への根も葉もない噂の流布などなど。非常に悪質です。

あなたの生命・安全が一番大切!

周りに迷惑をかけるんじゃないかと心配する人もいるかと思います。

あまり大ごとにしたくないとも思っている人もいますよね。

そんなことは気にしないでください。

まず信頼できる人に相談しましょう。

一番大事なのは「あなたの生命、身の安全」です。

ですから、周囲のことよりも自分自身のことを一番に考えてください。

ストーカーはその後の人生にも影響を与える最低な行為です。

当事者としては、すごく怖い思いをしたことでしょう。

暗い影に怯えることなく、あなたらしく生きて欲しいです。

あなたは全く悪くないんですから。

堂々としていましょう。

男女問わず、被害は誰でもおこりえます。

再びになりますが非常に身近な犯罪です。

あなたのすぐそばにも、被害を受けたひとがいるかも知れません。

そんな人に出会ったときは、警察に行こうと勧めてあげてください。

また大変だったねと共感してあげましょう。

ストーカー被害がこの世からなくなるよう願っています。

では!