資産運用

投資初心者にオススメ!ウェルスナビの特徴と運用実績まとめ

みなさん、資産運用についてどれくらい知っていますか?

難しくてイマイチ考えてないんだよね…。

そんな初心者オススメの投資サービスを紹介します!

アラサーリーマンで資産運用について日々考えている私は、こちらでも紹介している通りロボアドバイザーを軸として資産運用をしています。

ロボアドバイザーは投資初心者にピッタリなサービスです。

ほとんど手間がかからず、ほったらかしで運用できるからです。

多くのロボアドバイザー系サービスがありますが、その中でもわたしが運用中のロボアドバイザー「ウェルスナビ」について、特徴と運用実績をまとめてみました。

ウェルスナビで資産運用をはじめる

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとはコンピュータが個々の投資家の好みに合わせて、最適な運用資産の配分を提案してくれるサービスです。

現在、色々な企業がロボアドバイザーサービスを提供しています。

それらの中には投資先の提案だけではなく、積立やポートフォリオの調整までもお任せなロボアドバイザーも登場しています。

証券会社で人間が行っていたサービスをコンピュータに代替することで、手数料を安くすることができます。

わたしが運用しているウェルスナビは積立やリバランス(ポートフォリオの調整)も自動でやってくれるロボアドバイザーです。

リバランスとは資産の調整のことです。

相場の変動で予定していたポートフォリオが変わってしまったときに、適切な配分になるように修正してくれます。

ウェルスナビの特徴

ウェルスナビの主な特徴は以下の5点です。

  1. 最低投資金額
  2. 取り扱い銘柄
  3. リバランスの方法
  4. 手数料
  5. Detax(自動税金最適化)

以前に利用したことのある同様のロボアドバイザーのTHEOと比較して、ウェルスナビの特徴をまとめていきます。

最低投資額

ウェルスナビは10万円から運用可能です。

他にも同様のサービスにTHEOというロボアドバイザーがあります。

こちらも以前に利用していましたが、ロボアドバイザーのサービスを絞ろうと思って解約してしまいました。

THEOは1万円から始められるので、少ない金額で気軽にはじめたいという人はこちらを選ぶのではないでしょうか。

ウェルスナビは10万円からと、THEOと比べると敷居が高く感じられるかとおもいます。

ですが、分散投資を基本として組み立てられているサービスなので、利益を期待するにはまとまった金額が必要になります。

なので、ウェルスナビの方が運用初月から偏りなく分散して投資ができると思います。

また、分散投資していることで、マイナスが出にくいということも考えられます。

ポートフォリオ(取り扱い銘柄)

ウェルスナビの取り扱っているのは6銘柄の海外ETFで、個人の設定するリスク許容度によって自動で配分されます。

具体的に扱っている銘柄は、

  • 米国株
  • 日欧株
  • 新興国株
  • 米国債
  • 不動産

です。

一方、THEOは30~40銘柄の海外ETFを扱っており、取り扱い銘柄ではTHEOが圧倒的に多いです。

リバランス(配分調整)のタイミング

構成銘柄の配分調整は半年に1回のタイミングで行なわれます。

乖離が5%を超えると前倒しでリバランスされます。

このように、ウェルスナビでは定期的にリバランスが行われます。

同様に、THEOも定期的にリバランスが行われます。

THEOは、ウェルスナビよりも頻度が高い月に1回のペースでリバランスが行われます。

手数料

サービス名 利用手数料 信託手数料 合計手数料
ウェルスナビ 1.00% 0.11~0.14% 1.11~1.14%
THEO 1.00% 0.00% 1.00%

手数料についてはTHEOが僅差で有利です。

ほぼ変わりませんので、表面上の手数料では差が出てきませんね。

ですが、運用していて感じるのは約1%の手数料は重いなと感じます。

今後、サービスが広まっていき、手数料が下げていってくれることを期待しています。

ウェルスナビ独自の機能

ウェルスナビにはデタックス(自動税金最適化)という独自の機能があります。

配当やリバランスなどによって生じる税負担が一定額を超えた場合に、お客様のポートフォリオ組入銘柄の中に含み損がある銘柄があれば、その銘柄を一旦売却しすぐに買い戻すことによって損を実現し、益と相殺することでその年の税負担を軽減します。

参照:ウェルスナビ

つまり、税負担が増えるような大きな利益が出たときに、含み損がでている銘柄も決済し、税金の支払い負担を減らすような機能です。

運用実績を公開

2017年の11月からウェルスナビの運用をしています。

運用開始から今までの実績設定を紹介します。

ウェルスナビの運用方針

リスク許容度は5/5での運用です。

ウェルスナビの運用方針の中ではもっともリスクを取る運用になっています。

変動の大きい株中心のポートフォリオです。

公式ホームページの無料診断でそれぞれに合ったリスク許容度が診断できます。

登録なしで無料でできますので、シュミレーションしてみてはいかがでしょうか?

登録なしで無料のシュミレーションを行う

わたしのポートフォリオ

6銘柄に分散投資しています。

米国株が3割、日欧株が3割と全体の6割ほどを先進国の株で運用しています。

また、新興国株が1割強なので、8割近くを株メインで運用しています。

運用実績

ロバアドバイザーの収益(運用36週目時点)

WealthNavi:+1,653円

最新のウェルスナビ運用実績はこちら

10万円からの投資からスタートで、毎月1万円ずつ積み立てる設定にしています。(一部積立に失敗していましたが・・・。)

ロボアドバイザー大きな変動のあるサービスではないので、大きな利益は出ません。

逆に大きな損失も出にくいと言えます。

一般的にパフォーマンスが優れていると言われている年利5%程度を目標に長期で運用しています。

相場が良い状況の場合は、一時10%ほどの利益が出ていました

もちろん、−7%くらいの落ち込みがあったときもありました。

逆にこの時期にはじめていたり追加資金を投入していれば、大きくプラスになっていたと思います。

公式でキャンペーンも実施しているので、ボーナスを元手に資産運用をはじめてみてはいかがでしょうか。

また、ウェルスナビよりもハイリスクハイリターンな運用も行なっています。

FXやETFの自動売買ができるトライオートFXトライオートETFの実績についても公開しているのでそちらもどうぞ。

では!

ウェルスナビで資産運用をはじめる